ワクチン接種は是か非か? 第260回

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビでは、どこの自治体ではこんな工夫をして座ったまま接種できます等の報道が盛んで、一刻も早く接種するように呼びかけています。

ところで、いま打っているワクチンはあくまでも武漢型ウィルスに対するものです。それよりも強いイギリス型が入ってきています。更にそれよりも1.4倍強いとされるインド型ウィルスが上陸しつつあります。インド変異型ではファイザー・ワクチンのウィルス無力化の能力は4分の1となり(東大河岡教授)、免疫反応を回避して感染力が増強する(東大佐藤准教授)と、されています。

インドでは、今年の2月くらいまではコロナは収まっていましたが、ワクチンを接種しだしてから、逆にコロナが爆発的に広がり、5月7日に1日414,188人感染し、死者は5月19日に1日4,529人、累計で346,756人(6月7日現在)となっています。6月4日のNHKでは、空港の検疫検査で新たに14人がインド型変異ウィルスに感染したとされ、日本では192人の感染となりました。いよいよこれが上陸となるとインドでの二の舞となりかねません。

いままでは、コロナが流行っているといっても、周りを見渡してもほぼ誰もいませんでした。ところが、ワクチンの接種が始まってから、うちの職員の知り合いの娘さん(26才看護師)が、1回目の接種後に自宅で亡くなっているのが発見されました。脳出血でした。このようにワクチンの弊害は、近いところで見られるようになり、娘が勤務している病院では娘以外はほぼ全員ワクチン接種していますが、発熱のため解熱剤をもらって休んでいます。

バイラム・ブライドル博士はワクチン推進派の医師ですが、ワクチン接種13人の医療従事者のうち11人の血液中にスパイクタンパク質を発見し、ワクチンとスパイクタンパク質の因果関係を指摘して、大きな間違いをおかしたとインタビューに答えています。スパイクタンパクは血小板を凝血させ、血液凝固を引き起こします(ブライドル博士)。その結果、血栓症となり、脳梗塞・心筋梗塞の原因となります。スパイクタンパクは体内で産生し、周囲にスパイクタンパクを感染させるとも言われています。

ワクチン接種をするか否かは、個人々々よくよく検討する必要があります。だれも責任をとってくれません。

※投稿時の法制度を基に記載しております。詳しい内容については当方にご相談ください。

→「公認会計士山崎隆弘事務所」の公式サイトはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加