その他

『死霊魂』 第247回 

ワン・ビン監督の『死霊魂』(中国 2018年)です。上映時間8時間半! 11月3日の文化の日に、事務所近くのKBCシネマで、朝11時10分から20時までの上映を観ました。途中、2回の休憩をはさみます。ただし1回の休憩時間が10分程度です。昼は事務所に戻って芋をかじり、夜は近所の「玄」で蕎麦をかきこみました。

中国共産党の「反右派闘争」で弾圧された人々のインタビューで構成されています。120の証言と約600時間のラッシュ映像を8時間にまとめています。撮影は2005年と2016年、2017年に追加され、足かけ12年になります。

1950年代後半から1960年代前半の中国政府が「右派」と認定した人たちが収容所に入れられます。しかし、インタビューを聞く限り、ほとんどはめられて、認定されたような人ばかりです。「右派」とみなすパーセンテージが与えられ、それを満たすように、次から次と収容所に入れられたことが、インタビューにより明らかになります。

教授や先生なども多く収容の対象となっています。強制労働させられますが、中国全土が大飢饉にも見舞われ、餓死した人がほとんどのようです。1日当たり250グラムの食料しか与えられず、バタバタと餓死していった様子が証言されます。今は飽食の時代で、日本で餓死ということはほぼ考えられません。しかし、人間は食物を与えられないと死ぬという当たり前のことが改めて知らされます。

3,000人のうち生き残ったのは10名程度です。生き残った人は料理担当が多い事実に納得してしまいます。料理に囲まれているので、スキを盗んでは食べていたようです。また、インタビューを受けている人たちが皆明るいことに驚きました。ニコニコ笑いながら話をしています。ノンキに考えて明るいというのも生存には大事ということでしょう。

意外と家族が会いに来ることもできたようで、奥さんのインタビューもあります。収容所側の人も、ここだけは監督の顔出しでインタビューしていました。命の危険に侵されながら、強制収容されることに比べれば、長時間の上映など比較になりませんが、一気に見るのも大変でした。

『TENET テネット』 第244回

ネット上で、賛否両論あり、観るのにちょっと躊躇しました。しかし、クリストファー・ノーラン監督作は、『ダークナイト』を始めとして『インセプション』『インターステラー』等、ほぼ観てきており、自分の目で確かめないことには何とも言えません。

意味不明とのレビューが多かったので、身構えてましたが、それ程でもありません。ノーラン監督は、これは王道のスパイ映画と言っています。監督自身が007の大ファンということで、ブルース・リー的には「考えるな! 感じろ!」です。

テーマの一つとして時間の逆行を描いています。なので、観たことがない映像が多々あります。時間の順行と、時間の逆行が交差して、1度観ただけで理解するのはほぼ不可能とも言えますが、スパイアクション映画として観ればゾクゾクものです。

ネットのレビューに、映画評論家町山智宏の『テネット』徹底解説を見て、よく判った、と書いてあったので、試しに見てみました。映画本編よりも長い約3時間!の解説です。無料ではなく1,500円で期間限定です。シニア料金1,200円よりも割高です。

散歩しながら、2回聴きました。時間が逆行するところをホワイトボードで詳しく解説しています。よくそこまで理解できるものだと感心しました。また、『時間衝突』(バリントン・ベイリー)、『終着の浜辺』(J・G・バラード)など元になった本を紹介しています。

映画の中で「What happened is what  happend」(起こったことは起こったことだ)との言葉が何度も出てきます。また、ノーラン作品では「Leap of Faith」(信仰の飛躍)もテーマになっているそうです。

難しく考えることはいくらでもできそうですが、わたし的には、ヒロインのエリザベス・デビッキの美しさと男よりも高い背の高さに圧倒されました。

『コンフィデンスマンJPプリンセス編』  第240回

本年は終戦75年ということで『ドキュメンタリー沖縄戦 知られざる悲しみの記憶』を書くつもりでしたが、なんと映画館の映写機故障で見れなかったので、一転してお気楽な『コンフィデンスマン』を今月の1本の番外編として載せます。

映写機は大林宣彦監督の遺作『海辺の映画館―キネマの玉手箱』(7月31日公開)でも重要なアイテムとして扱われています。こちらは大林監督の反戦映画です。大林監督の体験がかなり反映されているようです。

『コンフィデンスマンJP』は長澤まさみのダー子、東出昌大のボクちゃん、小日向文世のリチャードの3人のコンフィデンスマン(信用詐欺師)のドンデン返しありのお話です。こういうお話は「コンゲーム」というそうです。騙し騙され二転三転するストーリーのジャンルになります。古くはポール・ニューマン、ロバート・レッドフォード主演の『スティング』(1973年)があります。これは中一の時に試写会で観て、世間の右も左も判らない私は、えらく驚いた記憶があります。

出演者が竹内結子、広末涼子、柴田恭兵、江口洋介、北大路欣也、ビビアン・スーなどなど豪華です。7月に自殺した三浦春馬さんが出演しており、追悼の意味でも観ました。不倫・離婚でお騒がせしている東出昌大が元気に演じているのに何故か安心しました。東出は大阪梅田で舞台を観たことがあります。

家内はハニートラッパー広末涼子の「私のラーメンまずいでしょ」にえらく受けていました。寿司の「宮下」にも来店したことがある竹内結子の美人度には圧倒されます。しかし何と言っても、主演の長澤まさみがスゴいです。『キングダム』以上の強烈なインパクトです。「ない藤」に履物のお買い物に来て、内藤社長が「男みたい」と言っていましたが、キャラ立ちが図抜けています。

「目に見えるものが真実とは限らない」が一つのテーマとなっています。仏説ではこの世のものは全て虚仮(こけ)といわれます。この世は詐欺師同士のだまし合いかもしれません。そんな堅いことは抜きにして、とても元気になれる映画です。

 

家賃支援給付金 第237回

「家賃支援給付金」の受付が2020年7月14日から始まりました。この給付金は新型コロナウイルス感染症を契機とした 5 月の緊急事態宣言の延長などによる売上減少に対応するため、地代・家賃(以下、賃料)の負担の軽減を目的として、賃借人である事業者に対して給付するものです。

持続化給付金と違うのは「誓約書」に代表者の自署のサインが必要です。この誓約書には15項目の誓約が挙げられています。そのうち「3.申請者は、賃貸借契約等に基づいて、自ら営む事業のために他人の所有する土地又は建物を使用及び収益していること」、「7.申請者は、申請に係る土地又は建物に関し、自己取引及び親族間取引を行っていないこと」とあります。会社同士が親会社・子会社の関係にある場合のほか、会社の社長などが親族関係にある場合なども、対象とはなりません。賃貸借契約の賃貸人と賃借人が実質的に同じ人物である場合も対象外となります。

給付金の申請は、当初は7月末までとなっていました。その後、2021年1月15日までに延長となっています。申請の基準は、2020年5月~2020年12月までの間で、新型コロナウィルスの影響などにより、以下のいずれかにあてはまることとなっています。

①いずれか 1 か月の売上が前年の同じ月と比較して 50%以上減っている。

②連続する 3 か月の売上の合計が前年の同じ期間の売上の合計と比較して 30%以 上減っている。

給付の対象となるのは、賃料・共益費・管理費です。駐車場の地代も対象となります。電気代・水道代・ガス代は入りません。支払賃料等が75万円以下の場合、3分の2が給付されます。75万円を超える部分は3分の1が給付の対象となり、月額100万円が上限です。その6倍、最大600万円を受給することができます(法人の場合)。個人事業主の場合は、最大300万円までとなっています。

以上は国からの給付金です。福岡県では国から「家賃支援給付金」を受けた法人などに対して家賃軽減支援金があります。支払金額の15分の1が給付の対象となります。これは、7月27日より受付開始となっています。

 

『西郷の首』 第232回 

伊東潤さんの『西郷の首』(2017年9月刊)を読みました。『武士の碑(いしぶみ)』(2015年7月刊)、『走狗(そうく)』(2016年12月刊)と、西郷隆盛三部作となります。

ここ1ヶ月で三冊、読了しました。魂を揺さぶられました。『走狗』は初代大警視(現・警視総監)川路利良が主人公です。大久保利通とともに、薩摩藩では裏切り者のイメージが強いキャラクターです。題名からして「犬」です。著者は偏らずに客観的に記述し、川路側からの視点で書いています。

『武士の碑』は、薩摩の村田新八の物語です。西郷隆盛、大久保利通と同じ鹿児島城下の加治屋町で生まれ、年少より2人と交流があり、両人の意思疎通役としても活躍します。フランスに留学した際には、貧しいフランス人女性と孤児を助け、コンサーティーナ(風琴)を手にするエピソードが印象的です。『居酒屋』で有名なエミール・ゾラが登場します。無償の奉仕に「日本人は実に不思議な生き物だ」とゾラは首をひねります。

新八はパリから戻ってそのまま西南戦争に巻き込まれます。西南戦争は日本の内戦史上最大の死者を出しています。関ヶ原の戦いの8千人を超え、薩摩軍6400人、政府軍6840人に及びます。これほど激しい戦いだったと知りませんでした。頁を読み進めるほどにため息が出ます。

『西郷の首』は、元加賀藩士の千田文次郎と島田一郎の2人の話です。維新に乗り遅れて、歴史の外に置かれたような元加賀藩において、文次郎は政府軍として西南戦争に従軍し、西郷さんの首を発見します。

一方、幼少より親友だった島田一郎は、西南戦争の翌年、大久保利通を暗殺します。三冊でそれぞれの立場を読んできたため、感情移入できました。

激動の時代で、皆、短命です。享年は西郷さん49才、大久保利通47才、村田新八40才、川路利良45才です。著者の伊東潤さんは、この三作品を「明治維新とは何だったのか」「西郷隆盛とは何者だったのか」に対する自分なりの答としています。私の西郷さんに対するイメージも、単なるファンから少し変わりました。

 

 

『茶聖』 第230回 

昨年紹介した『真実の航跡』の伊東潤さんの新刊本です。これは第二次世界大戦時の話でした。伊東さんとしては時代小説が本領のようです。『走狗』『西郷の首』『武士の碑』など西郷さん関連も多く、西郷ファンとしては是非読んでみないといけません。

『茶聖』は本能寺の変の前後から始まります。信長没後、秀吉が天下人になって、表の秀吉と、世の静謐を担う裏の利休のお互いのつばぜり合いで物語が進んでいきます。

不勉強のため、利休は名前からして僧侶と思っていましたが、堺の商人で、田中宋易という名前です。禁中茶会にあたって町人の身分では参内できないために、利休という居士号を正親町天皇から与えられます。

九州を制圧した秀吉を、筥崎宮参道横の真言宗恵光院に茶室を設けて、帰還を迎えています。筥崎宮に1ヶ月も秀吉は滞在しています。秀吉、利休ゆかりの茶道具が筥崎宮に残っているとは聞いていましたが、利休・秀吉と箱崎がこれだけ縁が深かったとは知りませんでした。

70才で、秀吉から切腹を命じられるまでの二人の駆け引きが見事です。519頁もある大部な本ですが、会話が多いため、意外とスンナリと読めます。

天下人となった秀吉が、狂ったように全てを求める姿がリアルです。秀吉は「悉」という言葉を最も好み、「ことごとく」自分のものとしていきます。

逆鱗に触れた者は、ほぼ切腹を命じられるか、武士でなければ磔(はりつけ)にされます。町人でありながら、切腹を命じられた利休はまだマシだったとも言えます。

秀吉に磔にされた弟子の宋二は「この世のあらゆるものを手に入れても、そなたの欲は収まらん。苦しんでいるのは、わしではなくそなたなのだ」と言って、死んでいきます。

『大無量寿経』の「少欲知足」が身に沁みます。

 

『税務署対策 最強の教科書』 第225回

元気ですか! 福岡市天神の公認会計士・税理士の山崎隆弘です。

元国税調査官の大村大次郎さんの『税務署対策』を読んでみました。お客様の税務調査を毎年3~5回受けていますので、今さら、そうそう知らないこともないだろうと思っていましたが、知らないことも多々ありました。

基本的なところでは、通常の税務調査は任意調査となります。任意調査ということは納税者の同意が原則となります。その一方で、調査官には「質問検査権」があり、納税者には「受忍義務」があります。納税者は調査官の質問に必ず答えなければなりません。

警察にしょっぴかれた場合は「黙秘権」がありますが、税務調査においては「黙秘権」がなく、その意味では警察よりも税務署の方が怖いとも書いてあります。

任意調査でも「抜き打ち」で調査にくることもあります。条件付きで「抜き打ち」は認められており、あらかじめ情報があって、明らかに脱税が見込まれるものとなっています。うちの税務のお客様で抜き打ちを一度経験しましたが、そのときは税務署側の見込み違いでした。

税務署側の事情は興味深く読みました。やはりノルマはあるそうです。税務調査に行って追徴税額が出ない、指摘事項がまったくないことを「申告是認」といいます。これは調査官にとって恥そのものだそうで、著者の大村氏も2回続けて申告是認のときは、3回目の時のプレッシャーは大きかったと書いています。

税務調査のときの対応については「応対は紳士的に、かといって相手の善いなりにならない」とあります。調査官も人間ですので、あからさまに敵対的な態度に出ると、厳しい調査となります。うちの事務所でも、調査に立ち会う際には、先方は仕事で来ているので、普通に接し、聞かれたことに答えるを基本にしています。

一方、税務署は「なんでも言うことをおとなしく聞く納税者」が大好きだそうです。素直に従う納税者は、税務署からつけこまれ、必要以上に税金を課せられることもあるそうですので、気をつけましょう。

『売上を、減らそう』 第222回

元気ですか! 福岡市天神の公認会計士・税理士の山崎隆弘です。

「佰食屋」の中村朱美さんが書いた『売上を、減らそう たどりついたのは業績至上主義からの解放』を読みました。

名前の通り、「佰食屋」は1日に100食限定ランチのみです。メニューは、ステーキ丼1,000円、おろしポン酢ステーキ定食1,100円、ハンバーグ定食1,000円の3つだけです。

「百聞は一見に如かず」と、京都の西院にあるお店に行ってみました。朝の9時半から整理券が配られています。その時に11時から30分ごとに予約券をもらいます。14席のみです。10時半ごろに行って11時の席が1席空いていたので、11時にしました。10分前の10時50分には来店するように言われます。

実際の営業時間は、11時から14時半まで。食べていると、次の時間帯のお客さんが続々とやってきて、後ろの席で待っています。30分以内に食べなければなりません。日頃は、肉はほぼ食べないので、サラダ(50円)を追加注文しながらやっと完食しました。

本によれば、従業員の方は17時には帰り始め、18時には全員退勤します。ランチのみ営業は本格手打ちの蕎麦屋さんにも多くあります。うちの事務所も17時半終業時には全員が帰りますが、「佰食屋」は飲食業でありながら、残業ゼロを実現しています。

中村朱美さんはサラリーマン時代の経験から、業績至上主義を捨てて、「従業員が働きやすい会社」と「会社が成り立つ経営」の両立を目指します。そのためにどうすればいいかと考え、「逆算」して働き方を変えていったそうです。

「仕事は本来、人生を豊かにするためにあるもの。仕事だけが人生ではないはず」。全く共感です。うちの事務所ではみな帰ってからすることが山積みしており、サッサと帰ります。家でテレビを観る習慣はなくなりました(晩酌だけは止められませんが)。

「佰食屋」では「従業員のモチベーションアップを図るためにはなんて考えたことがありません」とあります。私も「モチベーション」は嫌いな言葉です。やりたいことをやるべきであり、やる気が起きないならやらなくていいとさえ思ってしまいます。

多店舗展開の事業 第220回

元気ですか! 福岡市天神の公認会計士・税理士の山崎隆弘です。

フランチャイジーまではいかなくても、代理店形式により、社員による独立を促す会社が増えてきました。代理店の場合、すでにお店または拠点があり、お客様がついています。

代理店になる側にとっては、一から場所を選んで、社員を採用してスタートするよりも随分と手間が省けます。もう既に売上が上がっているので、リスク面でも低くなります。また、自分のお店ということになり、モチベーション的にもアップし、売上増加につながります。

会社側からすれば、現地での採用等は代理店の方ですることになれば、管理面で少し手が離れることになります。全く手を離れることにはなりません。

得意先との関係では、代理店になっても、本社から請求書を送付する流れであれば、売上高はそのままです。業務委託費等の科目で、代理店に業務委託料を支払います。代理店に計上される利益分が減ることになります。

代理店に限らず、直轄の支店・営業所であっても同様に、各場所別等の損益管理をする必要があります。税務申告用の全社一本の損益計算書では、どこで利益を上げて、どこで損失を出しているのかわかりません。

その場合、支店・営業所・代理店に直接係る経費は、該当の支店等に計上します。本社または本部など共通経費は、各支店・営業所に按分することになります。詳しくは拙著『なぜ、できる社長は損益計算書を信じないのか』をご参照ください。

代理店については、独立採算でやっていれば、本社の共通経費を按分するには無理があります。ただし、共通経費を一部、代理店に請求することは考えられます。

利益に直結するところでは、代理店手数料または業務委託費の率・割合をどのように決定するかです。シミュレーションをしてお互いが納得するところで折り合う形になると思いますが、実態をみながら、見直すことも必要となってきます。

また、消費税改正により、令和5年10月1日からインボイス方式となり、消費税の益税がほぼなくなります(簡易課税を選択している場合に、益税になることはあります)。代理店が免税事業者であった場合、業務委託費は課税仕入とはならず、消費税負担が重くなってきます。代理店が、消費税の課税事業者になるか、免税事業者のままでいいのかを含めて、検討しましょう。

 

『金融ダークサイド 元経済ヤクザが明かす「マネーと暴力」の新世界』 第217回

元気ですか! 福岡市天神の公認会計士・税理士の山崎隆弘です。

表題の本を読みました。著者はなんと五代目山口組系組織の組長だった菅原潮さんです。通称「猫組長」としてメディアにも登場しているようです。現在55才です。

高校生の頃から株取引を始め、大学入学時は1,000万円の資金を持っていて、大学の入学式に出た瞬間「大学はバカが通う場所で、頭が良ければ通う必要はない。4年間をバカと一緒に過ごすの耐えがたい」と、かなりの財を得て2年生で中退します。

時はバブル突入前夜で、証券会社での給料と、個人での不動産投資で20才そこそこで3億円を稼ぎ出します。バブル突入とともに先輩の投資顧問の会社に入ります。最年長が25才で4人の会社でしたが、120億近くを運用していたそうです。

ところが、平成元年12月で日経平均が史上最高値した後、バブルが崩壊します。それに気付くのが遅れ、仕手筋にもやられ、会社として30億円、個人的に4億円の借入金を負います。返済するなかでヤクザの金も借りていたことから、返済のため裏社会の住人となります。

経済ヤクザとして石油ビジネスに参入します。ところが、稼いだ600億円を米国に銀行ごと収奪され、マネーの後ろ盾は暴力であることを実感します。

現在は、足を洗いカタギのなっている著者による、日産のゴーン氏による事件の解説が出色です。ゴーン氏は2008年夏頃から為替スワップ取引という金融派生商品の個人資産運用を始めましたが、その年の9月のリーマン・ショックで約20億円の損失を負います。個人の負債を日産に付け替えたことが背任の出発点となります。

付け替えが当にマネーロンダリングの手法で行われたことを詳細に解説しています。実際の経験者でないととても理解できない内容となっています。やっぱり餅は餅屋ですね。