キャッシュを残す経営

第57回「お金を残す経営」

今月より再開しました「マネーファイト!」。

第1回は、お金を残す経営です。

収益性の高いビジネスをしている社長さんでも、

意外とお金が残っていないことが多々見受けれます。

 

ランチェスター経営の竹田陽一先生は、

決算書の純資産(自己資本)が、

経営した年数だけ貯まっていかないといけないと仰っています。

 

純資産が増えるということは、

利益剰余金が増えていくことです。

毎期、利益を計上していかなければ利益剰余金は貯まりません。

 

利益剰余金が貯まるということは、

直接的には現金・預金が貯まるということです。

一方、利益を計上すれば、

その分税金は発生します。

 

ですから、逆説的ですが、税金を払わなければお金は貯まりません。

会計帳簿を見なくても、

今年は儲かったか、損したかは、

預金通帳の残高をみれば、ある程度わかります。

 

預金残高が増えていれば儲かっているということであり、

反対に預金残が減っていれば損しているということです。

 

実際には、借入金の返済があったり、

売上を計上しても売掛金で残っていたりして、

キャッシュフロー的には一概にはいえませんが、

究極的には利益を計上するということは、

お金が増えているということです。

増えた現金から、税金を30~40%支払うことになります。

 

例えば、税額がゼロであった場合、

一見、得をしたように思えるかもしれませんが、

言葉を変えれば、要はお金が増えなかった、

またはお金が減ってしまったということです。

 

稼ぎ力のある経営者は、利益を出してお金を貯めていきます。

その増えたお金を、本業以外のものに投資をすると、

結果、お金をなくすことになります。

 

メディアではほとんど問題にしていませんが、

日経平均株価は17,427円(平成27年9月8日現在)と、

いつの間にか、2万円を大きく割っています。

 

世界経済恐慌に突入しています。

こういう時こそ、現金、現物をしっかり守っていきましょう。

 

お金を残す経営をされているソフトブレインの川原社長と田代取締役

お金を残す経営をされているソフトブレインの川原社長と田代取締役

第44回「買掛金の決算処理」

決算書元気ですか! 福岡の公認会計士、税理士の山崎隆弘です。

うちの事務所は、7月、8月決算が多く、決算の真っ只中という感じです。早速9月決算も入ってきました。

申告期限は、決算日後から2ヶ月以内ですが、事務所では1ヶ月決算・申告を目指しています。

毎月、計画と実績のフォローをしている会社では、決算に2ヶ月も要していたら、次の期がスタートして3ヶ月後に見ることになりかねません。

続きを読む

第42回「率による経営を目指そう!」

岩佐さん元気ですか! 福岡の公認会計士、税理士の山崎隆弘です。

数年前に、元週刊ダイヤモンド編集長の岩佐豊さんに、事務所で講演をして頂いたことがあります。

社長まで勤め上げられた方です。

ここ最近、「週刊ダイヤモンド」を購読していますが、今は紙媒体でも見れるし、ネット上で、いつでも見れるので、とても便利ですね! 更に過去のバックナンバーからの検索までできます。

また、先日、最終回の視聴率が42%だった半沢直樹の小説は「銀翼のイカロス」として現在も連載中です。

JALがモデルのようです。

その岩佐さんが講演のなかで、率の経営を目指しましょうと言われたことがとても印象的でした。

経常利益で20%を目指すべきと強調されていました。

続きを読む

第41回「小冊子に対するメッセージありがとうございます!」

 

小冊子の感想元気ですか! 福岡の公認会計士、税理士の山崎隆弘です。

平成24年7月20日から平成25年7月17日までの、このブログをまとめた小冊子「なぜ、できる社長は保険で節税しないのか第1集」を、本格的に印刷・製本し、分類分けをして、作りました。

当初は、クライアントさんだけに配布の予定でしたが、印刷部数が増えると単価が安くなるということで、600部ほど印刷し、有縁の方にも送付しました。

お盆休みに発送しましたが、盆明けに嬉しいメッセージをたくさんいただき、ありがとうございます! こちらの方が勇気づけられました。

そのうち、千葉県の亀屋本店の末吉晃一さんからは、わざわざ小冊子をお取り寄せになって、メッセージを頂きました。

続きを読む

第37回「売掛金は何才?」

元気ですか! 福岡の公認会計士、税理士の山崎隆弘です。
うちの事務所は、5月、6月と決算が集中しています。決算時に、各勘定残高の大掃除をしますが、最も手がかかるのは売掛金です。
倒産による未回収、クレームによる値引未処理、請求書は発行していても回収遅れなどさまざまな要因により、売掛金の残高が溜まってきます。

続きを読む

第29回「会社の内部にお金は落ちていない。

元気ですか! 福岡の公認会計士、税理士の山崎隆弘です。

3月決算の提出がやっと終わったところです。
今までは、連結納税は事務所作成のエクセルでしていましたが、
別表の改正が多く、税務署に問い合わせると、法人税の別表は100枚、
うち連結納税の別表が50枚と聞いて、エクセルは諦めました。

続きを読む

第28回「税金対策をしない方がお金が貯まる?

元気ですか! 福岡の公認会計士、税理士の山崎隆弘です。

今年度の決算では、黒字に転換した会社さんが多々見受けられます。
前期までの繰越欠損金が十分にある場合は、当期の納税の心配はありません。

予想以上の利益が出るとなった場合、慌てることがあります。
そこで安易に保険に加入したり、車を購入したり、あるいは中洲で豪遊したりということをしてしまいます。

また、高額なコンサルタントフィーを払ったり、高額セミナーに出たり、
高額な教材を購入したりする例もたまに見受けます。

そうすれば、確かに税金は圧縮されますが、同様にお金も残りません。

続きを読む

第27回「貸倒は損金処理により税金部分だけでも回収しよう」

元気ですか! 福岡の公認会計士、税理士の山崎隆弘です。

中小企業金融円滑化法が平成25年3月で終了し、取引先が倒産したという連絡がポツポツと出てきました。

貸倒の金額は、10百万円単位、多額になると億の単位になることがあります。このような場合、経営者は寝込むくらいのショックを抱えることになります。

まして、仕入の支払は既に済んでいるときは、まるまる損失となってしまいます。例えば31,500千円貸倒の場合、消費税の1,500千円は消費税の還付として戻ってきます。
ただし、原則課税の場合のみです。

本体部分の30百万円を如何に回収するか?となりますが、

税金で取り戻すのが最も確実で手っ取り早い方法です。

税率分の40%程度しか戻ってきませんが、30百万円の40%でも12百万円は戻ってきます。

12百万円の現金を、倒産した先から、あるいは揉めている先から回収しようとしても、
ほとんど無理です。

弁護士に相談して、訴訟してみても、費用がかさみます。

税金で回収するといっても、利益を計上しない限りは回収できません。

納める税金を圧縮することによっての回収です。

そのため、本業でしっかりと利益を出すことが回収の近道となります。

投資で損失を被ったときでも同様です。

個人で投資をしていれば、事業所得、給与所得などと通算することはできませんが、
法人であれば、費用として計上して、欠損金で9年間繰り越せます。

経営者の方は、本業で稼ぐのはそれこそプロですので、上手です。
そこで貯まった資金を投資などに振り向けると、痛い目に遭います。

最近は、株の相場がよく、テレビでも株投資の特集などをしていますが、
これもいつか来た道で、そう遠くない将来に暴落しないとも限りません。

実体経済と乖離した相場となっています。

倒産が増加しているのが実情です。

経営者の方は本業に特化しましょう。

 

第7回「生命保険で節税はできません」

元気ですか~ 福岡の公認会計士、税理士の山崎隆弘です。

そういえば、このブログのタイトルは「なぜ、できる社長は保険で節税しないのか」でしたね。
スッカリ忘れていました。

ということで、今週は、保険のことを書いてみたいと思います。
皆さんは、依頼している会計事務所から生命保険を勧められたことはあるでしょう。
うちの事務所の場合は、先代からの伝統もあり、保険は全く取り扱っていません。

続きを読む

第2回「会社にキャッシュを残す経営:社長勘定②」

こんにちは。福岡の公認会計士、税理士の山崎隆弘です。

ブログを始めて、
「『現金を出さずに経費をつくる』???その極意を知りたい瀧山でした」とのメッセージを頂きました。
ありがとうございます!

読んでもらっているとの反応があれば励みになります。

続きを読む