書評

第318回 書評『怪物に出会った日 井上尚弥と闘うということ』

日本ボクシング史上最高傑作と称される「井上尚弥」。令和5年1月に、WBAスーパー・WBC・IBF・WBO世界バンタム級王座の返上し、7月にWBC・WBO世界スーパーバンタム級統一王者のスティーブン・フルトンに、8回1分14秒TKO勝ちを収めて4階級制覇を達成しています。今年の12月30日には、東京・有明アリーナでスーパーバンタム級WBA&IBF世界同級2団体統一王者マーロン・タパレス(フィリピン)と4団体統一をかけて戦います。

著者の森合正範さんは、「週刊プレイボーイ」誌上で、試合前の井上尚弥選手にインタビューするのが恒例となっています。その後、井上選手は終わった試合についてはあまり多くを語らず、相手の評価もしません。過去よりも次を意識しているそうです。井上選手本人から強さの要因を引き出せないなら、対戦相手に聞くしかないということで、これまでの対戦相手にインタビューをしたのがこの本です。井上尚弥選手は25戦全勝(22KO)です。そのうち、10人とインタビューしています。

高校時代から強さは際立っており、スパーリング相手を求めて、お母さんが各ジムに電話して約束を取り付けていました。まだプロデビュー前の尚哉選手が、後に世界チャンピオンになる田口良一選手とスパーリングします。19才になったばかりの井上選手は田口選手を転がします。田口選手は試合でもスパーリングでも初のダウンです。

田口選手は絶望を感じますが、なんと世界戦を回避してまで、プロになった井上尚弥選手との試合を熱望します。1年後の2013年に日本タイトルマッチで両者ぶつかります。判定まで持ち込んで試合は井上選手が勝ちますが、逆に田口選手は株を上げます。今では、元世界チャンピオンの称号よりも、あの井上尚弥選手と判定までいったことの方が驚かれるそうです。

KOで倒した選手にはオマール・ナルバエスやノニト・ドネアのような伝説的な選手もいます。それらの選手が「井上尚弥」のことになると、自分の負け試合にかかわらず饒舌に語っています。井上尚弥選手自身は燃え尽きないように、目標は持たないようにしているそうです。天才が日々努力を積み重ねている姿が浮かび上がってきます。

第314回 書評『極楽征夷大将軍』

2023年上半期の直木賞の受賞作です。最近の直木賞はレベルが高く、なかなか見逃せません。今村省吾、米澤穂信、佐藤究のように、受賞者が、その後、更に活躍しています。

著書は垣根涼介。長崎県出身で、1966年生まれです。応仁の乱を描いた『室町無頼』、織田信長の思考法を探った『信長の原理』、明智光秀の必勝の論理を提示した『光秀の定理』など一風変わった時代ものを書いてきています。

今回の『極楽征夷大将軍』は、室町幕府を開いた足利尊氏と足利直義の兄弟を描いています。『室町無頼』で「始祖である足利尊氏は底抜けのお人良しで、気前の良すぎる武家の棟梁でもあった」と記していたように、足利尊氏の「極楽殿」(能天気ぶり)と足利直義のクソ真面目振りを幼児の頃から、お互いの生涯を終えるまでを描いています。

おおよそ武将らしくない足利尊氏の底抜けぶりが際立ちます。日頃はボヤ~としている尊氏は、いざイクサとなると無類の強さを発揮し、御家人、武士達を感服させ、神輿に乗せられます。

弟の足利直義は、事務能力、折衝能力は図抜けていますが、当初は、イクサでは連戦連敗で、自信を喪失します。何と多々良浜で乾坤一擲の勝負で、兄のアドバイスから、小理屈ばかりを考えて命をかけていなかったことを思い知らされ、覚醒します。多々良浜といえば、母校の箱崎中学校があるところです。そこから京へ戻り、楠木正成と新田義貞の軍を破り室町幕府を開きます。

足利尊氏の能天気ぶりに爆笑しますが、本質は「この世は夢のごとくに候。尊氏に道心賜たまい候て、後生助けさせおはしまし候べく候」の言葉に出ています。常に今生のことは弟の直義に任せきっており「今生の果報に代えて、後生助けさせたまえ」と願生しており、とても共感できました。

第311回 書評『資本主義の次に来る世界』

著者はジェイソン・ヒッケルという経済人類学者で、数年間、南アフリカで出稼ぎ労働者と共に暮らし、アパルトヘイト後の搾取と政治的抵抗について研究してきています。

資本主義の限界ということは、最近、よく耳にします。そのことをデータを基に「第1部 多いほうが貧しい」で検証します。資本主義は「市場」「取引」という言葉で説明されますが、「市場」「取引」は数千年前から存在します。資本主義が他の経済システムと異なるのは「成長」を中心に組み立てられているからです。

成長は資本主義の最優先命令で、その目的は人間のニーズを満たすことでも、社会を向上されることでもなく、利益を引き出すことが最大の目的で、全ての産業、全ての国の経済は、終着点がないまま常に成長し続けなければなりません。対して、自然界の成長には限界があり、健全な均衡状態を維持します。成長がとまらないのは、ガンなどで起きます。細胞が成長そのものを目的として複製し続け、やがて死をもたらします。コロナワクチンに含まれているmRNAも成長が止まらないことが問題となっています。

500年にわたって、成長を維持するために、植民地政策、自然からの抽出などに依存していきました。成長のために常に「外」を必要とし、外から無料で価値を略奪したことにより可能となってきました。その結果、このまま経済が成長し続ければ、地球の生態系が崩壊してしまいます。

第2部「少ないほうが豊か」では、成長のない繁栄を示します。希少性、劣等感を満たすために大量消費をしており、大量消費を止める5つのブレーキとして、①計画的陳腐化を止める、②広告を減らす、③所有権から使用権へ移行、④食品廃棄を終わらせる、⑤生態系を破壊する産業を縮小する、を提示します。これだけ忙しく働いているのは、富裕層をより豊かにするためであり、個人の幸福感にはつながっていません。植民地時代のように結果的に搾取されていることに気付かなければならないとします。

第309回 書評『mRNAワクチン大虐殺 生き残りマニュアル』

ネットジャーナリストのリチャード・コシミズ(RK)さんの新刊です。当初は資金難のため、Kindle版のみの販売でしたが、ネットでの募金により何とか紙の出版にこぎつけています。あまりに本当のことをズケズケの発言するため、メディア、出版社から全てそっぽをむかれています。

ネットでは『リチャード・コシミズ 新型コロナウィルス戦争』として1時間前後の動画をアップしており、2023年7月28日現在、600回まできています。コロナが発生した当初の2020年1月から続いています。第1回目から、散歩中に欠かさず聞いています。当初はYouTubeにアップされていましたが、突然、閉鎖となりました。ディープ・ステイト(DS 裏社会)に都合の悪い情報を流すと即刻、停止となります。

藤原直哉さんの毎週水曜日の動画『日本と世界にひとこと』『21世紀はみんながリーダー』も今年1月にYouTubeから追い出されました。RKブログは次々と閉鎖されるので、追いかけるのが大変です。今はニコニコ動画から配信しています。Amebaブログはイベルメクチンが契機となって閉鎖されました。

RK主張の基本は、DSが人口削減計画をしており(地球存続ため?)、そのためのコロナ、ワクチン騒動であるということです。コロナワクチンは全世界で日本のみ6回目の接種が始まっていますが、生物兵器であるとの認識です。ワクチンは打てば打つほどコロナに感染しやすくなります。

ワクチンを打ったからといって諦めるのは早い。イベルメクチン、アビガンという病院では処方されなくなった薬を輸入して服用すれば改善すると、ネット視聴者の体験談を紹介しながら、勧めています。ワクチン後遺症にはイベルメクチン、特にブレインフォグにはアビガンが効くと、実例をたくさん載せた本であり、その裏事情を詳しく記しています。これでもかと情報を載せているので、腹一杯になりそうです。動画からは1日も早くコロナ・ワクチン禍から逃れて、普通の日常を取り戻して欲しいとの熱情が伝わってきます。

第307回 書評『史上最高の投手はだれか〈完全版〉』

2023年6月29日現在、メジャーの大谷翔平選手はすでに27号ホームランを放ち、ホームランダービーのトップを走り、投手として7勝3敗です。ロッテの佐々木朗希選手にしても160㎞は当たり前に出しています。

年々レベルが上がっている野球界ですが、なんと史上最高の投手が戦前のニグロ・リーグにいたというノンフィクションです。その選手の名前はサチェル・ペイジ。日本ではほぼ知られていません。ウッディ・アレンの自伝にサチェル・ペイジの「振り返るな。追いつかれるぞ」という名言が載っており、私ははじめて知りました。

著者の佐山和夫さんも、1982年6月10日の『産経新聞』での訃報記事を読んで、サチェル・ペイジのことを知ります。その記事には火の玉投手ボブ・フェラーが「自分の速球がまるでチェンジアップに見えるほどペイジの球は速かった」と述べ、42才で大リーグ入り、大リーグ最後の登板は59才のとき、71年に黒人として初めて野球殿堂入りと載っていました。

佐山さんはその記事に魅せられアメリカに飛び、ペイジの生活拠点となっていたカンザスシティに行きサチェルの生前を知っている関係者に取材し、野球殿堂図書館で数週間、資料を漁ります。それを基にして1984年に書かれたものです。当時、第3回潮賞のノンフィクション部門で受賞しています。

35年後に、その後に判明したことなどを含め、大幅に追加・修正したものがこの〈完全版〉となります。

黒人のため大リーグ入りは42才と遅れますが、ニグロ・リーグを含め2,000勝はしているそうです。1934年には105戦して104勝、オフシーズンには大リーガーチームを完封しています。選手寿命は17才から59才と途方もありません。

野球殿堂入り決定後のインタビューで「私は人種差別を受けているとは思わない。私自身はつらくも何ともなかった。私は私の世界で満足していたからだ」と応えています。スーパースターの貫禄です。たまたまですが、ブログアップの6月8日はペイジの命日でした。

第303回 書評『運をつかむ』

日本電産㈱の永守重信会長の著書です。2023年4月1日に創業50周年を迎え、社名をニデック株式会社としています。

約20年ほど前に、会計監査に携わっていた飯塚の会社が日本電産にM&Aされ、永守会長の指導の厳しさは傍目で見ていました。「すぐやる」「必ずやる」「出来るまでやる」の標語が会社のいたるところに貼られていました。

毎月、京都から経営改善のために来社し、1日中会議をされていました。会議中の昼食弁当代は各々手出しでした。ボールペン1本も支払わないと使えません。懇意にしていた経理部長さんは毎朝点滴を打って、出社されており、あまりいい印象を抱いてませんでしたが、人から勧められ読んでみました。

人生は運が7割とします。運は縁によって運ばれてくるものだから、人から好かれることはとても大事であり、好かれるためには、ユーモアと謙虚さが大事であるとします。挨拶では必ずユーモアを入れるようにしており、トランプ大統領(当時)と経済界のメンバーで会食したときには、型通りの挨拶のなか、同大統領は永守会長の挨拶に爆笑だったそうです。

IQ(知能指数)よりもEQ(感情指数)が大事であるとし、IQはどんなに頭がよくてもせいぜい5倍程度ですが、EQが高い社員は、やる気のない社員に比べたら100倍以上の差が生まれると強調します。高いEQを身につけるには、真剣な思いや情熱がなければならない。そうでなければ、相手を深く理解し、本心から動かすことはできません。

「会社の経営ほどシンプルなものはない」とし、余計なことを考えず、一つひとつ抜かりなく実践する行動力さえあれば必ず成功するとします。シンプル・イズ・ベストです。

若い頃はビール党でしたが、仕事への影響を考え、45才で飲酒はキッパリ止めたそうです。タバコも吸いません。毎朝5時に起きて1時間以上、自宅の敷地内を早歩きしたり、トレーニングマシーンで運動をしています。現在78才ですが、創業50年を契機に次の50年の事業計画を立てたそうです。ということは、128才までは現役で頑張るということでしょうか。

第299回 書評『イベルメクチン』大村智編著

「第一章 古くて新しいイベルメクチン物語」は、イベルメクチンを開発された大村智先生が書かれています。第二章以下は、7名のドクター等により、新型コロナに対するイベルメクチンの有効性について、学術論文、臨床結果を基に記述されています。

大村智先生は、イベルメクチンがオンコセルカ症(河川盲目症)、リンパ系フィラリア症等の撲滅に多大な貢献をしたとして、2015年のノーベル生理学・医学賞を受賞しています。アフリカではオンカセルカ症対策として1年に1回、配られています。1億2千万人が恩恵を受けています。イベルメクチンの基となったエバーメクチンは、大村先生が1974年に静岡県伊東市川奈にゴルフに行った際に、ゴルフ場近くで採取した土壌の中にあった放線菌が産出する化合物だったそうです。ノーベル賞受賞を記念をしての論文では、論文の一番終わりの部分で「このイベルメクチンは、抗がん作用、あるいは抗ウィルス作用、特にフラビウィルスの増殖を阻害する」報告があると紹介されています。

九州大学医学部は、イベルメクチンが肝内胆管癌の治療薬になりうることを発見しています。肝内胆管癌といえば、私が39才のときに九大病院第二外科で告げられた病名です。2週間後に腫瘍の場所が移動して、胆管結石の誤りであることが判り、命拾いしました。今年の1月28日のニュースでも、イベルメクチンを投与したマウスの実験で、ガン細胞の増殖が3分の1に抑制されたと報道されていました。

コロナの高熱で苦しんでいる知人に渡したら、翌日にはスッカリ熱が下がり、ビックリしていました。ワクチンの副反応、ワクチン未接種へのシェディング(伝播)にも効果があるようです。自分自身も服用していますが、身体そのものが改善してきたという実感があります。大村智先生に感謝!です。

第296回 書評『よみがえるロシア帝国』

副島隆彦さんと佐藤勝さんの対談本です。佐藤勝さんは元外務省主任分析官で対ロシア外交の最前線で活躍し、2002年、鈴木宗男議員の外務省をめぐる疑惑事件の国策捜査で逮捕され、512日勾留され、2009年に最高裁で有罪が確定していますが、ロシアの専門家です。

いきなり安部元首相の殺害について、アメリカ専門家の副島さんは、SPのなかのアメリカのCIAの息がかかった人物がやったと私見を述べています。ある政治家は、SPは必ず東京から2人ついてくるところが、今回は1人だけだったと不思議がっていたとのことです。

佐藤さんによれば、ロシアがウクライナに侵攻した理由は、①NATOの東方拡大への反対、ウクライナ国内のロシア人の権利の保全、ウクライナのネオナチ一掃の3つであるとします。

副島さんは、戦争の初日から、一瞬のうちに集団洗脳が起きたことを危惧していました。「ロシアが悪い。プーチンがたくさんの女、子どもを殺している」という報道一色で、日本国民がまとめて洗脳されたのを、我々はまざまざと目撃した。これは心理作戦戦争「サイコロジカル・オペーレーション・ウォー」(通称サイオプ)であり、ロンドンのタビストック心理戦争研究所で研究されてきたものであり、コロナウィルスとワクチンにしても同様であるとの認識です。

今年の6月に出版された、フランス人のエマニュエル・トッドの『第三次世界大戦はもう始まっている』を紹介しています。トッドは「ウクライナ戦争の原因と責任は、アメリカとNATOにある」と言い切っています。佐藤さんによれば、これはヨーロッパの知識人の標準的な考えだそうです。

6月のドイツでのG7で、鍛えられた上半身を披露したプーチンを各首脳が揶揄したのを受けて、プーチンは「1人の人間のなかで精神も体も、すべてが調和のとれた形で発達するべきだ。調和するためには、酒を飲みすぎる悪い習慣をやめて、運動して、スポーツに励む必要がある」と返しており、副島さんはプーチンを「哲学王」としています。

しかし、佐藤さんは「ロシアが勝つのは確信しているが、プーチンがやっていることは間違っている」と逆の立場をとっています。

第292回 書評『THE HEART OF BUSINESS(ハート・オブ・ビジネス)』

著者はユベール・ジョリー、フランス人です。2012年、倒産寸前に追い込まれていた米国の家電量販店ベストバイのCEO(最高経営責任者)に就任し、会長を含む8年の在任期間に同社を再生し、「最も働きがいのある会社」のとして業界トップ企業に成長させています。

題名の「ハート・オブ・ビジネス」とは、ビジネスの核心です。「人との深いつながり」こそがビジネスの核心とします。経済学者のミルトン・フリードマンによる「ビジネスのパーパスはお金を稼ぐこと」とは真逆です。経済アナリストの藤原直哉さんは学生時代に東大教授がフリードマンの経済を批判していたそうですが、令和となってまさにその通りになってきたと言います。

企業には決定的に重要な3つの要素があるとして、それは人、ビジネス、お金だとし、これらは相互につながっている。1つめの要素「人」が優れ、従業員の育成や充実度が高水準だと、2つめの要素「ビジネス」において、顧客が忠実に繰り返し製品やサービスを購入してくれるという結果につながり、3つめの「財務」、お金を稼ぐことになる。人→ビジネス→財務の因果関係になります。著者は、従業員こそハート・オブ・ビジネスと見なし、中心に据えています。それによってベストバイを再生させています。

人間味のある関係をハート・オブ・ビジネスに位置付けるということは、全ての人を大切に扱うということです。ビジネスはゼロサムゲームではなく、善をなすことと成功すること、どちらも可能であるとします。逆に、金銭的インセンティブは時代遅れ、的外れであり、業績給などは挑戦を、学びと成長の機会と捉えず、ミスや欠点を隠そうとするため、有害であるとまで言います。

著者は63才で、現在はハーバード・ビジネス・スクール上級講師として活躍しています。新たな時代の到来を感じさせる本です。

第288回 書評『AI監獄 ウイグル』

著者は、米国人で調査報道ジャーナリストのジェフリー・ケインです。日本語訳は2022年1月の出版です。2017年8月から2020年9月まで、168人のウイグル人にインタビュー取材しています。主人公といえる「メイセム」(仮名)には2018年10月から2021年2月までに14回インタビューをしたそうです。

まさにホットな直近のウイグルの状況をレポートしています。2013年にウイグルに行ったときには、急に銃を携帯した兵隊がバスの中に乗り込んでき、異様な雰囲気でした。シルクロードツアーの一環でしたが、顔も宗教も違い、まさに中国であって中国でない感じでした。新疆(しんきょう)ウイグル自治区の「新疆」とは「新たな征服地」という意味です。

1100万人のウイグル人のうち、強制収容所に収容された人数は2017年までに150万人に膨れ上がっています。メイセムは、一旦は収容所に入れられ、再教育を受けます。2013年、社会科学の学位を取得して北京の大学を卒業し、トルコの大学院に進学します。その学歴自体が問題とされます。なんとか奇跡的に解放され、インタビューを受けます。

中国テクノロジーの国家的象徴であるファーウェイ(中国名の「華為」は中国のための意)は、2010年から2015年にかけて新疆市場で存在感を強めていきます。ゾッとしたのが顔認証の技術です。2010年頃には、ほとんど個別認識できなかったコンピュータが、犯罪者用に急速に開発した結果、今、私たちがスマホで顔認証できるサービスに繋がっています。最近はマスクをしていても認証します。

AIを使って、個人のビッグデータを作成し、徹底的な監視体制を中国はウイグル地区に構築していきます。まさにジョージ・オーウェルの『一九八四年』の世界です。メイセムはこの本を読んで、英国の作家が70年前に自分の経験を予言するなんてと、ビックリしています。まさにリアル『一九八四年』です。隣の国の知らない土地の話では済ませられません。AI を悪意で使用することの危険性を知らされます。