相続時精算課税制度のデメリット 第250回

相続時精算課税制度とは、原則、60歳以上の父母又は祖父母から、20歳以上の子又は孫に対し、財産を贈与した場合において選択できる贈与税の制度です。 相続時精算課税は、受贈者が贈与者ごとに選択できます。しかし、いったん選択す […]

続きを読む

新設の「ひとり親控除」 第249回

令和2年の年末調整・確定申告から、控除関係において大幅な改正となっています。基礎控除が従来の38万円から48万円に変更となり、一方、給与所得控除は最小で55万円だったものが、65万円となります。合計して103万円は変化あ […]

続きを読む

事業承継税制のデメリット 第248回

平成30年1月より事業承継税制の「特例」が施行されています。「原則」では雇用の8割維持等が求められていましたが、「特例」では雇用維持要件を満たせなかった場合でも、納税猶予が可能となっています。 この場合には、「認定経営革 […]

続きを読む

『死霊魂』 第247回 

ワン・ビン監督の『死霊魂』(中国 2018年)です。上映時間8時間半! 11月3日の文化の日に、事務所近くのKBCシネマで、朝11時10分から20時までの上映を観ました。途中、2回の休憩をはさみます。ただし1回の休憩時間 […]

続きを読む

『月刊ヤマサキズム』2020年12月号 Vol.144

こんにちは。 公認会計士・税理士 山崎隆弘事務所の山崎二三代でございます。 令和2年12月号のニュースレター「ヤマサキズム」ができあがりました。 12月はやはり1年を締めくくり、振り返りたくなります。今年はなんと言っても […]

続きを読む

率の経営 第246回

週刊ダイヤモンド元編集長の岩佐豊さんに、9年ほど前に事務所の会議室でセミナーをして頂きました。その時に伺ったお話が、今でもとても心に残っています。それは「率の経営」です。 決算を締めて、当期純利益の確認をする際に、特に中 […]

続きを読む

年末調整の大きな変更 第245回

税務署から年末調整の申告書等が送られてきています。今回から所得税の基礎控除、給与所得控除が改正され、所得金額調整控除が新設されています。他に扶養親族等の合計所得金額要件等が改正になっており、それに伴って、「給与所得者の基 […]

続きを読む

『月刊ヤマサキズム』2020年11月号 Vol.143

こんにちは。 公認会計士・税理士 山崎隆弘事務所の山崎二三代でございます。 令和2年11月号のニュースレター「ヤマサキズム」ができあがりました。   10月は良いお天気が続き、近場のドライブにはもってこいでした […]

続きを読む

『TENET テネット』 第244回

ネット上で、賛否両論あり、観るのにちょっと躊躇しました。しかし、クリストファー・ノーラン監督作は、『ダークナイト』を始めとして『インセプション』『インターステラー』等、ほぼ観てきており、自分の目で確かめないことには何とも […]

続きを読む