第89回 米国同時多発テロから15年

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

9-11元気ですか! 公認会計士・税理士の山崎隆弘です。

2001911日の米国同時多発テロから、15年目の911日に、東京・飯田橋のヒカルランドで開催された「世界の終わりの始まり/911同時多発テロ15年目の真実」を聴きに行きました。 講師はリチャード・コシミズ、ベンジャミン・フルフォード、 藤原直哉、飛鳥昭雄など9名です。各々1時間づつ話をする形です。

 午後の部だけに参加しました。人見ルミさんのエジプトツアーでナビゲーターだった飛鳥さんに久しぶりにお会いしました。15年前の9月11日に、これは米国の内部犯行と判ったというリチャードさんの話がとても説得力がありました。15年前はそのことをネットに上げて、散々バカにされたそうです。当時、陸上自衛隊だった池田整治氏は、テロの翌日に上司に内部犯行であると報告しています。

 ビルの倒壊には核兵器が使用された可能性が高いとのことです。現場で粉じんを浴びた警察官、消防団員など5,000人がガンにかかっていることを、先週のCNNニュースで報道しています。

 ロシア・トゥデイ(RT)というメディアが「911は内部犯行」と宣言し、インタビューや映像などの資料が豊富に含まれている動画を13分間、放映しています。エドワード・スノーデンがアメリカから逃亡しロシアに滞在した時、彼と共に失踪したNSAの貴重な収集データが911事件に関する意外な新事実の基礎となり、今、ロシア政府が911事件周辺の本当の事実に関するデータを、断続的、そして戦略的に大量に流出しているそうです。

 コシミズ氏の講演では、9.11真相の暴露が、世界権力を変えることになり、今年、大きな変化が訪れると結んでいました。

※投稿時の情報を基に作成しております。詳しい内容については必ず専門家にご相談ください。

→「公認会計士山崎隆弘事務所」の公式サイトはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加