その他

第106回 現場管理からの「未成工事支出金」

元気ですか! 福岡市の公認会計士・税理士の山崎隆弘です。

今回は「未成工事支出金」勘定についてです。「未成工事支出金」は、未だ完成していない工事の支出金ということです。具体的には、未成現場に係わった人件費、原材料、外注費、工事経費などを集計して算出します。法人税法では、原則として、工事完成基準により売上を計上します。未完成工事の原価が「未成工事支出金」です。

商品、製品、半製品、仕掛品などは、目に見えるものですが、「未成工事支出金」の内容は、工事原価になるもので目には見えませんが、在庫と同様、損益にそのまま反映します。

月次の損益計算書でも、月末ごとの「未成工事支出金」を計上する必要があります。原材料、外注費、工事経費などは、現場ごとに集計していれば把握できます。会計ソフトで「建設大臣」や「建設奉行」などは、現場ごとの管理ができるようになっています。ある会社で「弥生会計」で現場管理しようとしましたが、あまりに現場数が膨大で挫折したことがあります。専用のソフトを用いるべきです。

最も難しいのは人件費・労務費の集計です。一人が複数の現場にまたがっていることは通例です。各個人の日報により、どこの現場で何時間従事したかを集計しなければなりません。日報または執務報告があるのが前提となります。

また、日報があってもそれを、人ごと現場ごとに集計しなければなりません。パソコンでの集計作業になります。それに人件費の単価を乗じて、未成工事に含まれる人件費を算出します。

「未成工事支出金」の計上そのものよりも、現場別の原価管理のためにも日報の集計は必須です。原価が分かれば、現場ごとの利益もわかります。その結果として、未成の現場の人件費・原材料費、外注費を集計すれば、期末、月末の「未成工事支出金」の金額を容易に集計できます。

第104回 「小さな会社の稼ぐ技術」

%e3%80%8c%e5%b0%8f%e3%81%95%e3%81%aa%e4%bc%9a%e7%a4%be%e3%81%ae%e7%a8%bc%e3%81%8f%e3%82%99%e6%8a%80%e8%a1%93%e3%80%8d新年、明けましておめでとうございます! 今年も、原則として金曜日に更新していきますので、よろしくお願いいたします。

年末に、福岡の名物コンサルタントの栢野克己さんからFAXが入りました。「久々に大あたり! これは10万部いきます。私はやっぱ、作家で生きます! レビュー、見てく下さい!」ということで、アマゾンレビューが添付されています。

早速、アマゾンKindle版をダウンロードして読んでみました。事例が多く、基本はランチェスター戦略が書かれています。ランチェスター経営の竹田陽一先生が監修されています。第三部は竹田先生の語録です。

ランチェスター戦略と言えば、竹田先生のDVDフルセット70巻以上を、足かけ4年で、早朝勉強会で社長さん方と勉強しました。30DVDを見て、45分お互いのビジネスに引き入れてシェアしました。

栢野さんも飛び入りで参加したことがあります。一度、栢野さんがある人にキレてしまって大変なことになりました。武闘派コンサルタントの一面を見せてもらいました。

「小さな会社の稼ぐ技術」を読んで、改めて勉強になりました。丁度、来年度の経営計画書を作成するところでしたので、参考にさせて頂きました。「竹田式ビジネスモデル」に添って、今回は計画を立ててみました。

具体的には、①商品(何を)、②地域(どこの)、③客層(誰に)、④営業(どうやって売るか)、⑤顧客(既存客の維持方法)、⑥組織(人)、⑦財務(お金)、⑧時間(働き方)です。弱者の4大基本戦略としての①差別化、②小さな1位、③一点集中、④接近戦をベースとして、8項目ごとに戦略を立てると、例年とはまた異なった経営計画書になりました。

15日は事務所の計画発表会です。私は事務所の経営計画を、スタッフは各々の人生計画を発表します。

第101回 RK宇美町講演会

img_0117元気ですか! 福岡の公認会計士・税理士の山崎隆弘です。

平成281126日(土)に、福岡県糟屋郡宇美町の地域交流センター「うみ・みらい館」で開催された、リチャード・コシミズ(RK)さんの講演会に参加しました。隠れRKファン等の女性3人と車で行ってきました。天神から都市高速でわずか30分です。

まずはご当地ネタとして筑前大野城の紹介がありました。なんと、宇美町にある大野城(近くに大野城市があって紛らわしいですが)は、7世紀の百済式山城で日本最古の城だそうです。太宰府を守るための城です。宇美町には海がないとRKは言っていましたが、宇美八幡宮の「産み」に由来します。

118日の米国大統領選挙において、ドナルド・トランプ氏がヒラリー・クリントンに勝って、次期米国大統領になることが決まりました。今年の77日のブログで、「次はトランプで決まり!?」のタイトルで副島隆彦先生のトランプ説を紹介しました。本当にその通りになってビックリです。

メディアではトランプ新大統領に対してネガティブな報道を選挙後も相変わらずしています。RK講演会では、全く逆で、数百年に一度の歴史の大きな転換点であるとの見方です。

大統領選挙では、ヒラリー陣営から「不正選挙」だとのクレームが起こっています。一方、トランプは選挙前の世論調査こそ「不正」であるとして、当選後のメディアとの懇談会でCNN会長を名指しで批判しています。

126日にはソフトバンクグループの孫正義社長がトランプと会談して、4年で500億ドル(約5兆7000億円)を投資し5万人の雇用を創出すると約束しています。トランプ自らがトランプタワー入口まで見送りに出てきて、会談のメモまで公開しています。

世界の流れが着実に変わりつつあります。

第100回 「この世界の片隅に」

%e3%81%93%e3%81%ae%e4%b8%96%e7%95%8c%e3%81%ae%e7%89%87%e9%9a%85%e3%81%ab元気ですか! 福岡の公認会計士・税理士の山崎隆弘です。

2012年(平成24年)7月にスタートしたこのブログも4年半で第100回となりました! 当初は「なぜできる社長は保険を使わないのか」というタイトルでした。

昨年より、「マネーファイト!」として再開し、平成284月から、ニュースレター「ヤマサキズム」に添付するようになって、月4回のペースで更新しています。

記念の第100回は映画「この世界の片隅に」の紹介です。今年はアニメの秀作が多いです。「君の名は。」「聲の形」と、画面がキレイで、独創的で、メッセージ性もあって、実写版の映画よりも質が高く、ビックリします。と思っていたら、「この世界の片隅に」を観て、前2作よりも感動してしまいました。

第二次世界大戦中の広島が舞台です。主人公の浦野すずさんは、世間のことは何も判らず、18才で広島県の呉に嫁いでいきます。戦時中だけれども、何気ない日常が綴られます。絵も独特です。スケッチに描いたような絵です。

即日完売の劇場パンフレット(博多丸善に売ってました)を見ると、片渕須直監督(1960年生まれ)は、アニメ特有の不自然な動きにならないように、相当に苦労していたことが分かります。

映画を見終わった瞬間よりも、後からジワジワと魂が揺さぶられてきます。こんな経験は初めてです。作家の林真理子さんは「全ての日本人が見るべき映画」と絶賛しています。私もそう思います。戦闘シーンなどは一切出てきませんが、スゴイ反戦映画になっています。

戦争は決して過去のことではなく、安倍政権をみていると、将来起こりうる可能性があるものです。オススメです。

比叡山の「一隅を照らす」を思い起こします。私も、この世界の片隅で、ブログの更新を続けていきたいと思います。

第97回 人生8分野での人生計画

img_0947元気ですか! 福岡の公認会計士・税理士の山崎隆弘です。

11月中旬になり、急に冷え込むようになってきました。早いもので、今年もあとわずかとなり、来年の計画を立てるシーズンになってきました。

今週、東京のお客様からの昼食会に招かれ、食事の前に1時間ほど二三代さんがお話をさせて頂きました。ほとんどが女性の方で、女性向けの話ということで、専業主婦時代のこと、仕事に就いた頃のこと、パートナー(私のこと)とのこと等を話し、最後に人生計画の話をしました。

12年前に、親父から事務所を継承して、家内が入所したときに、マンダラ手帳の松村寧雄先生に人生計画を8分野で立案することを教えてもらいました。人生8分野とは、健康、仕事、経済、家族、社会、人格、学習、遊びの8つです。それぞれの分野ごとに来年の目標を書き入れていきます。マンダラ思考による計画です。

通常は、直線思考で、例えば、まず健康、そして仕事、次に経済(お金を貯める)、それが整ったら遊ぶというようにハードル競争になってしまいます。そうなると、いざ遊ぼうとしたときには、年令がいっていて、お金と暇はあるけど、身体が動かないということになりかねません。特に、海外旅行などは体力のあるときでなければ行けません。

それに対して、マンダラ思考では、8つの分野を同時に計画をたて実行していきます。男性の場合はどうしても仕事優先となってしまいます。そんな生活を送っていると、退職したときに何もすることがない、最近は、退職即離婚などもあるようです。

人生8分野の中では、人格、人生観が最も重要であると思います。終わりの見えないレース途中で、年末に振り返り、来年の計画を8分野で立ててみては如何でしょうか。