その他

『西郷隆盛とイルミナルティの秘密戦争』 第191回 

元気ですか! 福岡市天神の公認会計士・税理士の山崎隆弘です。

太田龍著の『西郷隆盛とイルミナルティの秘密戦争 「日本殺し」の真犯人を見つけた!』を読みました。今年はNHKの大河ドラマ「西郷どん」の年で、最初は観ていましたが、違和感を感じて、早々に観るのを止めてしまいました。

また、最近は西郷さんを貶めるような本が出版されており、首をかしげていました。父が西郷さんのファンで、隆盛の「隆」を一字もらっていることもあり、若い頃からの愛読書の一つが「西郷南州遺訓」です。

この本を読んで、最近の疑問が氷塊しました。やはり、西郷さんは偉かった!と、改めて認識しました。著者の太田龍氏(1930年〜2009年)は生前、一度講演会でお見かけしたことがあります。

2009年に亡くなっていますが、その未刊遺稿を2018年に出版したものです。太田龍氏は、いわゆる陰謀論の碩学です。今回、この本を読んでみて、知識の広さ、深さに驚かされました。日本だけではなく海外の文献にも詳しく、人類の出発点とするシュメール文明までさかのぼり、歴史、世界の情勢を解き明かしていきます。

明治維新については玉石混交の情報があります。加治将一の『あやつられた龍馬』には明治維新を「フリーメーソンが演出した革命である」との文を紹介し、この見解自体は正しいとします。ただ、加治将一氏自体がフリーメーソンであることを公表しています。同様に司馬遼太朗もフリーメーソン側からの史観であり、「西郷は腑抜けになった」との見方です。

太田氏はその見解とは真逆で、西郷さんだけは、何としてもフリーメーソンの言うことを聞かない。そこで西南戦争で西郷さんを葬ったことを、幅広い知識、思想、文献を用いて述べていきます。日本民族の代表としての西郷隆盛を解き明かしています。

 

 

 

「低炭水化物ダイエットへの警鐘」第189回 

元気ですか! 福岡市天神の公認会計士・税理士の山崎隆弘です。

T・コリン・キャンベル博士、ハワード・ジェイコブソン氏著の「The LOW-CARB FRAUD(低炭水化物ダイエットへの警鐘)」を読みました。訳者の鈴木晴恵さんは外科医師で、昨年のキャンベル博士講演会の懇親会でお会いしました。

本の第Ⅱ部では、鈴木医師がPBWF(プラントベース・ホールフーズ)より末期ガンを治療した症例が載っています。「一般的に食事療法というものは疾病予防や長期的な療養、健康維持というイメージがありますが(もちろんその効果も大きい)、PBWFは積極的な医療行為であり、かつ短期的で効果が期待できる治療方法だということがよくわかる事例です」としています。

第Ⅰ部の翻訳部分では、キャンベル博士は低炭水化物ダイエットでは、短期間で体重を減らすことはできるものの、ベーコン、ステーキ、バターなどの動物性食品が多い食事法は、減量のメリットをはるかに上回る、重篤な健康問題を引き起こすことを警鐘しています。

低炭水化物ダイエットの実態は、芝が茶色いからといって、緑のペンキで塗るようなものだと喩えます。一時的に芝は青々としますが、いずれペンキははげ、元の健康状態には何の改善もしません。

肥満のまん延と健康危機はコインの表裏であり、肥満は「病気の症状」であるとします。低炭水化物ダイエットは、一時的に肥満を解消しても副作用があります。頭痛の増加、口臭、便秘および筋肉のけいれん。これらの副作用がない他の食事法に比べて、低炭水化物食にはこれといった一貫した健康メリットが全くなく、もしくはほとんどないと断言します。

最近は、海外に行くと豊富な野菜、果物がスーパーマーケットに大きなスペースで販売されています。欧米ではガン発症率が下がっているのに対し、日本のガン発症率が増えている現状に対する警鐘といえます。

 

「枝野幸男、魂の3時間大演説」 第185回 

元気ですか! 福岡市天神の公認会計士・税理士の山崎隆弘です。

緊急出版!と本屋さんにでていましたので、手に取って思わず買って、読んでみました。

2018年7月20日、第196回国会の最終日、枝野さんによる内閣不信任案趣旨弁明演説を書籍化したものです。

「今の日本の議会制民主主義がどうなっているのか」「本来、議会制民主主義とはどうあるべきなのか」についてその正確さ、その鋭さ、そして格調の高さから近年の憲政史に残る名演説と、刊行理由に記されています。

不信任決議案を提出した7つの理由として、1つに「高度プロフェッショナル制度の強行」。これは定額働かせ放題の制度であるとしています。

2つに「カジノ法案の強行」。カジノ事業者がカネを貸せる貸金業法の事実上の例外まで盛り込んでいることに警鐘を鳴らします。

3つに「アベノミクスの失敗」。一部の中堅層の給与所得者を狙い撃ちする控除の見直しも批判しています。

4つに「政治と社会のモラルを低下させるモリカケ問題」。あくまでも適材適所と開き直っていますが、総理のために停職処分も恐れず公文書を改ざんして国会を騙す人が総理にとっての適材適所なのかと糺します。

そして「ごまかしだらけの答弁。民主主義を無視した強行採決」。聞かれたことに正面から答えないだけにとどまらず、聞かれてもいないことをダラダラとしゃべり続ける安倍総理の姿勢を問題視しています。

そもそも民主主義とは単純な多数決とイコールではなく、例えば、2階以上の住民が結束すれば、エレベーターの費用負担を1階の住民だけに押しつけるという決をとることが可能になる例を出し、民主主義とは少数派の意見を尊重し、理不尽、不合理でない意見を決めるべきとします。

更にあと3つの不信任決議案の理由を述べます。実際に読んでみて、ご自身で判断する必要があります。

 

未来を救う「波動医学」 第181回 

元気ですか! 福岡市天神の公認会計士・税理士の山崎隆弘です。

船瀬俊介さんの『未来を救う「波動医学」 瞬時に診断・治療し、痛みも副作用もない』(共栄書房)を読みました。

著者にはたくさんの著作がありますが、これは渾身の1冊といえます。「生命」とは「エネルギー」、「生命エネルギー」とは「波動エネルギー」であり、「生命体」とは「波動エネルギー体」であり、生命は波動で生まれ、波動で営まれるとします。

西洋医学は生命を物体ととらえる「機械論」により成り立っており、対して、東洋医学は「生気論」だそうです。東洋医学では生命を活かす波動エネルギーを「気」と呼んできました。

量子物理学の創始者マックス・ブランクは「全ては波動であり、その影響である。現実には、何の物質も存在しない。全てのものは波動から構成されている」と述べています。

生体の各組織、器官、臓器は、各々、固有の「周波数」を所有するというのが、波動医学の根幹理論となっています。自然治癒の仕組みをロバート・ベッカー博士(ニューヨーク州立大学教授)が切断されたトカゲの足が再生する仕組みを解明しています。

一次治癒電流が切断面の体細胞を万能細胞に戻し、二次治癒電流が各部分に対応した体細胞に変化し、切断面から体細胞が再生してきます。これらのことから、周波数のズレを検知すれば「診断」できる。周波数のズレを調整すれば「治療」できます。

この原理の大本は千鳥・森下学説の「食は血となり肉となる。肉は血となり食となる」であり、細胞可逆、波動刺激という観点が再生医療研究では抜け落ちているとします。

船瀬さんは、新医学は「波動」と「断食」が二本柱となり、「バイブレーション」と「ファスティング」が人類の未来を救う!と主張します。

 

「シュードッグ」 第179回

元気ですか! 福岡市天神の公認会計士・税理士の山崎隆弘です。

祇園「ない藤」からの紹介で、「SHOE DOG(シュードッグ)」を読みました。

ナイキの創業者であるフィル・ナイトさんの自伝です。シュードッグとは「靴の製造、販売、購入、デザインなどすべてに身を捧げる人間のことだ。靴の商売に長く関わり懸命に身を捧げ、靴以外のことは何も考えず何も話さない。そんな人間同士が、互いにそう呼び合っている」とあります。

まさに、「ない藤」では、新しいスタイルのサンダル「JOJO(ジョジョ)」を開発、販売しています。童謡の「赤い鼻緒のじょじょはいて」から命名しています。

本の後書きには、「私は長年借金を背負ってきた。若くして起業した頃、毎日寝ても覚めても頭に浮かぶのは、大勢の人たちから借りたとても払いきれない額の借金だった」と記しています。

起業した1962年から1980年のお話です。本人の年令では24才から42才までが中心となっています。現在は80才です。2016年までナイキの会長を務めています。個人的には、成功してからの方に興味があります。

大学を卒業し、MBA(経営学修士号)取得後、24才で故郷に戻ってきます。それから世界一周旅行をし、日本を訪れた際にはオニツカタイガーに行き、プレゼンをして日本の靴メーカーの代理店となります。真珠湾攻撃をした国に行くことには、かなり抵抗があったそうです。

内藤さん的には、履き物という点でも、名前まで同じ(ナイト)なので、一気に読了したそうです。

私も、ナイトさんが生活の安定のために会計士になって、プライハウスウォーターで勤務していたという点では共通です。

昨年、ドラマ化された役所広司主演の「陸王」(池井戸潤原作)では、足袋の会社がシューズを開発します。まさにシュードッグの話です。

大成功を収め、毎年一億ドル(112億円!)を寄付するようになった現在、思うのは後悔で、「正直言って最初からやり直したい気分」というのは、一般人の私には分からない感覚かもしれません。