経営

第117回 投資事業組合について

元気ですか! 福岡の公認会計士・税理士の山崎隆弘です。

投資事業組合には、投資事業有限責任組合に関する法律による投資事業有限責任組合、有限責任事業組合に関する法律による日本版LLP(Limited Liability Partnership)等があります。投資家から資金を集め、配当することが目的です。例えば投資信託は投資信託及び投資法人に関する法律によるものです。

投資組合の実体は契約書だけとなります。投資事業有限責任組合、有限責任事業組合は、契約書を法務局に持ち込んで登記するので、投資事業有限責任組合はお金を集めている人の名前と住所が公開され、有限責任事業組合はそれに加え投資家の名前と住所も公開されます。そういう意味では有限責任事業組合は使い難くなっています。

そのため、お金を集めるのは個人ではなく、合同会社、株式会社を設立して行います。株式会社はゴーイングコンサーンといって、継続企業が前提です。それに対して、投資組合は最初から投資期間を決めて、解散することを前提にしたものです。

投資組合自体には税金はかかりませんが、投資組合の利益の利益に対して、投資家に課税されます。利益の全てを配当せずに、一部を再投資をする投資組合であっても、投資組合の全ての利益に課税されます。投資家が個人の場合は所得税、法人の場合は法人税が課せられます。

投資事業有限責任組合等の場合、投資組合の決算書に対して公認会計士の監査が必要になり、監査報酬が発生します。最近は東芝の監査でもめているように、公認会計士、監査法人もかなり厳格になっています。これらのことを勘案すると、中小企業が自社で投資事業有限責任組合等を作って投資をすることは、あまり意味がないようです。

第106回 現場管理からの「未成工事支出金」

元気ですか! 福岡市の公認会計士・税理士の山崎隆弘です。

今回は「未成工事支出金」勘定についてです。「未成工事支出金」は、未だ完成していない工事の支出金ということです。具体的には、未成現場に係わった人件費、原材料、外注費、工事経費などを集計して算出します。法人税法では、原則として、工事完成基準により売上を計上します。未完成工事の原価が「未成工事支出金」です。

商品、製品、半製品、仕掛品などは、目に見えるものですが、「未成工事支出金」の内容は、工事原価になるもので目には見えませんが、在庫と同様、損益にそのまま反映します。

月次の損益計算書でも、月末ごとの「未成工事支出金」を計上する必要があります。原材料、外注費、工事経費などは、現場ごとに集計していれば把握できます。会計ソフトで「建設大臣」や「建設奉行」などは、現場ごとの管理ができるようになっています。ある会社で「弥生会計」で現場管理しようとしましたが、あまりに現場数が膨大で挫折したことがあります。専用のソフトを用いるべきです。

最も難しいのは人件費・労務費の集計です。一人が複数の現場にまたがっていることは通例です。各個人の日報により、どこの現場で何時間従事したかを集計しなければなりません。日報または執務報告があるのが前提となります。

また、日報があってもそれを、人ごと現場ごとに集計しなければなりません。パソコンでの集計作業になります。それに人件費の単価を乗じて、未成工事に含まれる人件費を算出します。

「未成工事支出金」の計上そのものよりも、現場別の原価管理のためにも日報の集計は必須です。原価が分かれば、現場ごとの利益もわかります。その結果として、未成の現場の人件費・原材料費、外注費を集計すれば、期末、月末の「未成工事支出金」の金額を容易に集計できます。

第104回 「小さな会社の稼ぐ技術」

%e3%80%8c%e5%b0%8f%e3%81%95%e3%81%aa%e4%bc%9a%e7%a4%be%e3%81%ae%e7%a8%bc%e3%81%8f%e3%82%99%e6%8a%80%e8%a1%93%e3%80%8d新年、明けましておめでとうございます! 今年も、原則として金曜日に更新していきますので、よろしくお願いいたします。

年末に、福岡の名物コンサルタントの栢野克己さんからFAXが入りました。「久々に大あたり! これは10万部いきます。私はやっぱ、作家で生きます! レビュー、見てく下さい!」ということで、アマゾンレビューが添付されています。

早速、アマゾンKindle版をダウンロードして読んでみました。事例が多く、基本はランチェスター戦略が書かれています。ランチェスター経営の竹田陽一先生が監修されています。第三部は竹田先生の語録です。

ランチェスター戦略と言えば、竹田先生のDVDフルセット70巻以上を、足かけ4年で、早朝勉強会で社長さん方と勉強しました。30DVDを見て、45分お互いのビジネスに引き入れてシェアしました。

栢野さんも飛び入りで参加したことがあります。一度、栢野さんがある人にキレてしまって大変なことになりました。武闘派コンサルタントの一面を見せてもらいました。

「小さな会社の稼ぐ技術」を読んで、改めて勉強になりました。丁度、来年度の経営計画書を作成するところでしたので、参考にさせて頂きました。「竹田式ビジネスモデル」に添って、今回は計画を立ててみました。

具体的には、①商品(何を)、②地域(どこの)、③客層(誰に)、④営業(どうやって売るか)、⑤顧客(既存客の維持方法)、⑥組織(人)、⑦財務(お金)、⑧時間(働き方)です。弱者の4大基本戦略としての①差別化、②小さな1位、③一点集中、④接近戦をベースとして、8項目ごとに戦略を立てると、例年とはまた異なった経営計画書になりました。

15日は事務所の計画発表会です。私は事務所の経営計画を、スタッフは各々の人生計画を発表します。