岩佐さん元気ですか! 福岡の公認会計士、税理士の山崎隆弘です。

数年前に、元週刊ダイヤモンド編集長の岩佐豊さんに、事務所で講演をして頂いたことがあります。

社長まで勤め上げられた方です。

ここ最近、「週刊ダイヤモンド」を購読していますが、今は紙媒体でも見れるし、ネット上で、いつでも見れるので、とても便利ですね! 更に過去のバックナンバーからの検索までできます。

また、先日、最終回の視聴率が42%だった半沢直樹の小説は「銀翼のイカロス」として現在も連載中です。

JALがモデルのようです。

その岩佐さんが講演のなかで、率の経営を目指しましょうと言われたことがとても印象的でした。

経常利益で20%を目指すべきと強調されていました。

平成25年3月期の有名企業の決算書を見てみますと、トヨタ自動車は売上高22兆円に対して経常利益1兆4千億円で、経常利益を売上高で割った経常利益率は6.3%です。

1兆円の利益と聞くと気が遠くなりそうですが、経常利益率では10%に届きません。

同じく、平成25年3月期の決算では、ソニーが3.6%、前期は赤字であり、かつての面影がなくなりつつあります。

稲盛和夫会長の京セラは前期9.7%、当期7.9%の経常利益率で、さすがです。孫正義さんのソフトバンクは、経常利益率が前期17.9%、当期19.3%で、岩佐さんが言われる経常利益率20%に迫っています。

中小企業の場合も、経常利益率10%を目指しましょう。
率で考えれば、自分のところは小規模だからという言い訳はできません。

金額だけで利益を考えていると、すぐにその半分は税金と連想し、圧縮しようとしてしまいます。

中小企業で経常利益で10百万円も出せば大騒ぎということになりかねません。

しかし、率で考えれば、売上1億円であれば、経常利益10百万円で10%の利益率ですから、

特段驚くこともなくなります。そうすると、キャッシュも貯まっていくことになります。

⇒「公認会計士山崎隆弘事務所」の公式サイトはこちら
⇒「ヤマサキズム」はこちら