2017年 1月 の投稿一覧

第107回 トランプ大統領就任

元気ですか! 福岡市の公認会計士・税理士の山崎隆弘です。

2017120日、トランプが第45代米国大統領に就任しました。日本時間で21日深夜2時に就任演説をやっていました。たまたま夜中に目が覚めて、17分間の演説を生で聴くことができました(同時通訳で)。官僚ではなく、自分自身で書いた原稿です。新聞・テレビのメディア報道だけしか見ていない人は、トランプ氏のことをとんどでもない野郎だと思っています。

今まで、世界を支配していた勢力の既得権を打ち壊そうとしているのが、トランプ氏です。これだけ収入格差、資産格差が激しい状況になったのも、その寡頭勢力の仕業です。メディアを所有しているのは、その寡頭勢力ですので、メディアを使ってネガティブキャンペーンを張っています。

反トランプデモにしても、ネットの情報では月給2,500ドル(約30万円)、イベント参加ごとに50ドル(約6千円)加算されて、雇われているとあります。

ベンジャミン・フルフォード氏の「逆襲のトランプと大激変するアメリカ」(メディアックス刊)に、その辺の事情が詳しく載っています。本を読まなくても、普通にネット検索すれば、それ位の情報はいくらでもあります。そのため、トランプ氏はメディアを通してではなく、ツイッターで自分の考えを表明しています。

寡頭勢力に逆らうという意味では、ケネディ大統領と同様で、暗殺が最も恐れらていました。117日には「私は今週を生き残ることができないかもしれない。しかし、もし生き残ったら、あのろくでなしの奴らに仕返しをしてやる。そうすれば皆が勝利する」と自筆のメッセージをプーチン大統領に送っています。

まさに命がけです。就任後、早速、TPP離脱方針を表明し、「オバマケア」の見直しに向けた大統領令に書名しています。英国のEU離脱に続いて、これから世界が大激変するところを目の当たりにしそうです。

第106回 現場管理からの「未成工事支出金」

元気ですか! 福岡市の公認会計士・税理士の山崎隆弘です。

今回は「未成工事支出金」勘定についてです。「未成工事支出金」は、未だ完成していない工事の支出金ということです。具体的には、未成現場に係わった人件費、原材料、外注費、工事経費などを集計して算出します。法人税法では、原則として、工事完成基準により売上を計上します。未完成工事の原価が「未成工事支出金」です。

商品、製品、半製品、仕掛品などは、目に見えるものですが、「未成工事支出金」の内容は、工事原価になるもので目には見えませんが、在庫と同様、損益にそのまま反映します。

月次の損益計算書でも、月末ごとの「未成工事支出金」を計上する必要があります。原材料、外注費、工事経費などは、現場ごとに集計していれば把握できます。会計ソフトで「建設大臣」や「建設奉行」などは、現場ごとの管理ができるようになっています。ある会社で「弥生会計」で現場管理しようとしましたが、あまりに現場数が膨大で挫折したことがあります。専用のソフトを用いるべきです。

最も難しいのは人件費・労務費の集計です。一人が複数の現場にまたがっていることは通例です。各個人の日報により、どこの現場で何時間従事したかを集計しなければなりません。日報または執務報告があるのが前提となります。

また、日報があってもそれを、人ごと現場ごとに集計しなければなりません。パソコンでの集計作業になります。それに人件費の単価を乗じて、未成工事に含まれる人件費を算出します。

「未成工事支出金」の計上そのものよりも、現場別の原価管理のためにも日報の集計は必須です。原価が分かれば、現場ごとの利益もわかります。その結果として、未成の現場の人件費・原材料費、外注費を集計すれば、期末、月末の「未成工事支出金」の金額を容易に集計できます。

第104回 「小さな会社の稼ぐ技術」

%e3%80%8c%e5%b0%8f%e3%81%95%e3%81%aa%e4%bc%9a%e7%a4%be%e3%81%ae%e7%a8%bc%e3%81%8f%e3%82%99%e6%8a%80%e8%a1%93%e3%80%8d新年、明けましておめでとうございます! 今年も、原則として金曜日に更新していきますので、よろしくお願いいたします。

年末に、福岡の名物コンサルタントの栢野克己さんからFAXが入りました。「久々に大あたり! これは10万部いきます。私はやっぱ、作家で生きます! レビュー、見てく下さい!」ということで、アマゾンレビューが添付されています。

早速、アマゾンKindle版をダウンロードして読んでみました。事例が多く、基本はランチェスター戦略が書かれています。ランチェスター経営の竹田陽一先生が監修されています。第三部は竹田先生の語録です。

ランチェスター戦略と言えば、竹田先生のDVDフルセット70巻以上を、足かけ4年で、早朝勉強会で社長さん方と勉強しました。30DVDを見て、45分お互いのビジネスに引き入れてシェアしました。

栢野さんも飛び入りで参加したことがあります。一度、栢野さんがある人にキレてしまって大変なことになりました。武闘派コンサルタントの一面を見せてもらいました。

「小さな会社の稼ぐ技術」を読んで、改めて勉強になりました。丁度、来年度の経営計画書を作成するところでしたので、参考にさせて頂きました。「竹田式ビジネスモデル」に添って、今回は計画を立ててみました。

具体的には、①商品(何を)、②地域(どこの)、③客層(誰に)、④営業(どうやって売るか)、⑤顧客(既存客の維持方法)、⑥組織(人)、⑦財務(お金)、⑧時間(働き方)です。弱者の4大基本戦略としての①差別化、②小さな1位、③一点集中、④接近戦をベースとして、8項目ごとに戦略を立てると、例年とはまた異なった経営計画書になりました。

15日は事務所の計画発表会です。私は事務所の経営計画を、スタッフは各々の人生計画を発表します。