「うつ病」が僕のアイデンティティだった。 第171回 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

元気ですか! 福岡市天神の公認会計士・税理士の山崎隆弘です。

昨年10月、コリン・キャンベル博士の講演会で司会をしていた山口岩男さんの『「うつ病」が僕のアイデンティティだった。 薬物依存というドロ沼からの生還』を読みました。ナチュラルハイジーンの松田麻美子先生からのお勧めです。

お会いしたときに、10年前の体重87㎏の写真と現在の50㎏の写真を見せられてビックリしました。アルコール依存と薬物依存に苦しみ、断薬する際には禁断症状で苦しんだことを聞いていました。

この本を読んで、想像以上に凄まじいアルコール依存、薬物依存の弊害を思い知らされました。常々、「うつ病」は気のせいではないかと思っていました。しかし、実際に周りでも苦しんでいる人の話を聞くと、頭が割れるように痛い等、気のせいでは済ませられないような症状です。

2011年の映画「ツレがうつになりまして。」(堺雅人・宮崎あおい主演)では、ウツになった主人公が、病院で半年間はこの薬を飲みなさいと処方されます。それを観て、うつ病は薬害だなと自分なりには思っていました。

この本では、その薬害を詳しく、実体験に基づいて書かれています。途中で、読むのが苦しくなるくらい、この世の地獄の様相です。

2001年から2012年まで、ご本人の年令では38才から49才ぐらいまで、当初はアルコール依存、次に薬物依存に苦しみます。その間、2度の離婚を経験し、現在の奥さんと結婚します。奥様の手助けがなければ生還できなかったと述懐します。

睡眠剤の弊害も書かれています。漢方の丁宗鐵先生は、自分は睡眠薬を一度も処方したことがないことが自慢だと仰っていました。

内海聡医師の講演を聴いたのが、断薬のキッカケとなっています。そして断薬に成功します。内海医師がたくさんの本を出版しているのは知っていましたが、これだけ熱心に断薬に努めている方とは知りませんでした。

 

※投稿時の法制度を基に記載しております。詳しい内容については当方にご相談ください。

→「公認会計士山崎隆弘事務所」の公式サイトはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加